ワクチンの接種について | 見なきゃ損2021年5-6月号

ワクチンの種類や接種等について

新型コロナウイルス感染症による感染の波が、この長崎県でも繰り返されていますが、いよいよワクチンの接種が始まり、今後その波にも落ち着いて欲しいと願っております。
そこで今回は、ワクチンの種類や接種等についてお知らせします。

3種類のワクチンについて

ファイザー社

  • アメリカ製
  • mRNAワクチン
    スパイクたんぱく質を作るための遺伝情報(mRNA)を投与。
  • 21日後に2回目接種

モデルナ社

  • アメリカ製
  • mRNAワクチン
    スパイクたんぱく質を作るための遺伝情報(mRNA)を投与。
  • 28日後に2回目接種

アストラザネカ社

  • イギリス製
  • ウイルスベクタ―ワクチン
    mRNAを無害な別のウイルスに組み込み、そのウイルスを投与。
  • 28日後に2回目接種

体内でスパイクたんぱく質を作ることで、免疫の働きでウイルスを攻撃する抗体を作ります

  • 日本政府は3社から合計1億5千7百万人分の供給をうける契約を結んでいます。
    (日本の人口:約1億2千3百15万人)
  • アストラゼネカ社のワクチンは、令和3年5月21日現在では、まだ予防接種法の対象とはなっていません。(予防接種法の対象となれば国が費用を全額負担します)

接種の対象

  • 接種対象は16歳以上の方
    ※接種には郵送されてくる「接種券」が必要です

接種の順位

  • 医療従事者
  • 高齢者
  • 高齢者以外で基礎疾患を有する方
  • それ以外の方

※新型コロナウイルス感染による自宅やホテルでの療養も、病気入院共済金の対象となります。

みなきゃ損 ご連絡先と詳細

Follow me!