見なきゃ損!2019年7月号

食中毒

梅雨によるジメジメする湿気と7月~9月にかけての夏場、食中毒が最盛期を迎えると言われています。
私たちの家庭の食事でも食中毒が発生していますので、家庭での食中毒予防のポイントをチェックしましょう。

食中毒予防の3原則

食中毒菌を

 付けない  増やさない  やっつける

予防のポイント

ポポコ02

・手指や野菜など洗える食べ物はしっかり洗いましょう。
・まな板、包丁、食器などきれいに洗って清潔を保ちましょう。
・肉と魚はそれぞれ包み、保存しましょう。

ポポコ

・生ものや作った料理は、なるべく早めに食べましょう。
・食べない時はすぐ冷蔵庫へ。
・食品購入後、素早く冷蔵・冷凍へ。

・焼く、煮る、蒸す、揚げる、炒める など、十分に加熱しましょう。
・温めなおす時にも十分に加熱しましょう。

気温・湿度が高いと、食べ物が腐りやすく、食中毒が起きやすくなります。
また、抵抗力が弱い方は重症化することもあるので、しっかりと家庭で予防しましょう。
皆さん、医療保障はお持ちですか?病気やケガで入院したり、何が起こるかわかりません。
いつ入院してもすぐに安心して治療に専念できるよう、長崎医療共済はいかがですか?

★ 令和元年6月・食中毒~飲食店にて発生~ ★
● カンピロバクター食中毒
● ノロウイルス食中毒 ※長崎県HP参照

共済金★お支払い例

カンピロバクター腸炎/4日間入院/男性(25歳) 

【傷害入院共済金】        日額8,000円 × 4日間  合計 32,000円

みなきゃ損 ご連絡先と詳細

見なきゃ損2019年7月号 PDF