見なきゃ損!8月号

花火の時の注意猛暑の日々が続いていますが、皆様いかがお過ごしですか?

子供たちは夏休みに入り、楽しいイベントもたくさんですね。

アウトドアでのケガや交通事故なども起こりやすい時期ですので、十分に注意して楽しい思い出を作りましょう♪

花火でのやけどに気をつけよう | こんなケースがあります!

花火の注意

  • サンダル(草履)で花火をしていて火花が落ち足の甲をやけどした。
  • 花火を覗き込み、顔にやけどをした。

※眼球に直撃して失明したケースもあります。

もし火傷をしてしまったら・・・

とにかく冷やす!

流水で15~30分間患部を冷やしましょう。

水ぶくれはつぶさない!

無理に破くとそこからバイ菌が入ったりするので 保護して早めに病院へ。
※大人の手のひらよりも大きい範囲のやけどの場合は、冷やした後保護をしてすぐに病院へ行きましょう!
広範囲のやけどは命にかかわります。

安全対策は出来ていますか?

  1. 花火を持つ手はしっかり伸ばす。
    (小さな子供の場合は大人が手を添える。)
  2. 振り回したり人に向けない。
  3. 水の入ったバケツを用意し、終わったら すぐ入れる。
  4. 露出の少ない履物を履かせる。

<お支払例>

・花火中に手を火傷し、皮膚科を受診したケース(通院日数5日の場合)
傷害通院共済金 日額2,000円×5日 =10,000円のお支払い。

※ご注意※
傷害での通院保障は、こども共済のみとなります。

長崎医療共済は、手頃な掛金で三大疾病のご入院にも対応!ぜひ一度パンフレットをご覧ください。

みなきゃ損 ご連絡先と詳細

見なきゃ損8月号 PDF