生き生きだより10月号

秋の病気

猛暑だった夏も終わり、過ごしやすい秋がやってきました!!

しかし、秋は朝夕の急な冷え込みで、風邪をひいてしまったりと、病気にかかることが、多くなって来ます。

今回は、「秋の病気」についてお話ししたいと思います!

RSウイルス

この時期になると毎年流行るのが、風邪などの呼吸感染症!!
中でも乳幼児が最も感染しやすいのが 「 RSウイルス 」です。
ほとんどの子どもが、2歳までに感染すると言われていて、” 秋から春まで ” という長い期間にわたり流行が続きます。

症状 鼻汁、咳、発熱などの、風邪に似た症状
入院期間 1週間前後

お支払い事例

【RSウイルス気管支炎 】:3歳
入院日額 8,000円 × 5日間 お支払合計 40,000円
【RSウイルス肺炎】(合併症:気管支喘息):0歳
入院日額 8,000円 × 8日間 お支払合計 64,000円

マイコプラズマ肺炎

”秋から冬”に多いのが特徴!!
年齢的には小学校や中学校での流行が多いようです。
子どもに比べて、大人とくに高齢者は重症化しやすく、胸に水が溜まったり、呼吸不全を起こしたりする場合もあります。

症状 のどの痛み、鼻水、痰がからむ咳、呼吸困難。37℃程度の微熱から39℃以上の高熱
入院期間 (子ども)3日~1週間程・(大人) 2~3週間程

お支払い事例

【マイコプラズマ肺炎】:5歳
入院日額 8,000円 × 6日間 お支払合計 48,000円
【マイコプラズマ肺炎】(合併症:気管支喘息):27歳
入院日額 8,000円 × 13日間 お支払合計 104,000円

いざと言うときの備えに、無理のない掛金で病気やケガを手厚く保障!!
皆さまの医療費の負担を、少しでも軽減ができるように、頑張っていきたいと思います!
今後とも、長崎医療共済をよろしくお願いいたします。

生き生きだより 連絡先と詳細
10月号 生き生きだよりPDFファイル