生き生きだより2018年5月号

生き生きだより5月号

暖かい日差しが心地よく、日中は汗ばむ季節となりました!
ワクワク・ドキドキしながら迎えた新年度もスタートして早くも1ケ月が経ちました。

新入園・新入学したお子様
慣れない環境のせいで、疲れてしまい熱が出たり、集団生活の中で病気が移ってしまったりと、体調を崩しがちです??
その中でも代表的な2つの病気を紹介します!

溶連菌感染症( のどに感染して起こる病気 )

病気にかかって、3~4日すると、イチゴのように赤くなる為「いちご舌」とも呼ばれています!
急に39℃ぐらいの熱が出て、のどを見ると赤く腫れ、 痛みも強く、吐き気や嘔吐・腹痛・頭痛といった症状が出ます。 細かい赤い発疹が胸や首、手首や足首あたりから始まり全身に広がってしまうこともあります!

治療について

菌に効く抗生剤を飲むこと! ほとんどの場合は、薬を飲み始めてから1~2日で熱が下がり、発疹もだんだんと良くなり、のどの痛みも1週間以内で治まります

はしか(麻しん)( ウイルスが空気感染をして起きる病気 )

39℃前後の高熱が2~3日続き、くしゃみ、咳といった風邪に似た症状が出ます!
ほっぺの内側に、白い斑点ができます。 いったん下がった熱が再び上がり始めると、赤い発疹が顔・胸・手足などにでます。 発疹が出てから3~4日後に熱が下がり始め、発疹の色が茶色黒ずんだ色にかわり、やがて自然に消えていきます!

治療について

特効薬というのは特にないのですが、熱やせき、合併症の予防のために抗生物質などの薬を飲みます!
はしかにかからないために、1歳を過ぎたら風しん混合ワクチンを接種しましょう!

(参考・引用 ベビースマイル赤ちゃんの健康情報)

気をつけてほしい事

★ 睡眠時間を十分にとり早寝早起きをするように心がけましょう!

生き生きだより 連絡先と詳細
2018年5月号 生き生きだよりPDFファイル