生き生きだより2019年5月号

生き生きだより

暖かい日差しが心地よく、過ごしやすい季節となりました(*^^*)
新年度が始まってから、あっという間に1ヶ月が経ち、時代も「平成」から「令和」へと移り変わりました!

楽しみにしていたゴールデンウイーク・・・!
そんな楽しかった、長~い連休も終わり、少し疲れが出てくる頃ではないでしょうか?!
体調を崩さないように、今月も元気に過ごして行きましょう!

幼稚園や保育園の入園、小学校入学など、慣れない環境で緊張や不安を感じてしまい、熱が出たり、また集団生活の中で病気が移ってしまったりと、体調も崩しがちです??

今月は、子どもの病気について、お話ししたいと思います!

子供の病気

溶連菌感染症

★いちごのような赤い舌★
病気にかかって、2~5日の潜伏期のあと、喉の痛みや39℃ぐらいの熱が出て、吐き気や嘔吐・腹痛・頭痛といった症状が出ます。
全身に赤いブツブツが出ることもあります!

菌に効く抗生物質を、しっかり最後まで飲みきりましょう!
薬を飲み始めてから、1~2日で熱が下がり、発疹もだんだんとよくなり、喉の痛みも、1週間以内で治まります!
指先の皮膚が、うすくむけてくることがありますが、2~3週間程で治まります!

五月病

大人がなる病気だと思われがちですが、幼児や小学校でも五月病になるそうです!
環境の変化によって、心の緊張がずっと続き、知らず知らずのうちにストレスを溜め込んで、心が疲れてしまうのです。
このような、子どもの様子に注意してあげましょう!

  • 表情がなんだか暗い
  • 口数が減った
  • 寝つきが悪い
  • 食欲があまりない
  • それまで好きだったテレビやおもちゃに興味を示さない
  • 園や小学校に行きたがらない

こまずは、のんびりと過ごさせてあげること!
充電期間だと思って、やりたがらないことがあれば、少し手伝ってあげたりして、元気を取り戻す環境を作ってあげましょう!

生き生きだより 連絡先と詳細
2019年5月号 生き生きだよりPDFファイル