見なきゃ損!5月号

子供たちの登下校時の事故について新学期が始まって1ヶ月。

1年生は通学にも慣れてきた頃でしょうか。

子供たちの登下校中の事故について、日本スポーツ振興センターがまとめたデータをご紹介します。

通学中の事故は5月、6月、10月、11月に多い!

新年度当初や長期休業直後よりも、学校生活に慣れてきた頃の事故が多い傾向があります。
見なきゃ損5月

通学中の事故の傾向
登下校別
小学校は下校中が60%、中学校は登校・下校が半々、高等学校は登校中が60%である。
通学方法別
小学校は徒歩の事故が98%、
中学校の63%と高等学校の73%が自転車事故である。
交通事故は「安全不確認」による事故が多い。
歩行者は信号機の無い道路、自転車は信号機の無い交差点の横断時の不確認が多い。

長崎医療共済のこども共済「あんしんキッズ!!」

★長崎医療共済のこども共済「あんしんキッズ!!」では、病気・ケガでの入院はもちろん、ケガの場合の通院も保障します。
<お支払い例>
通学中の事故だけではなく、「道で転んだ」「友達とぶつかって口の中を切った」「運動中に足を捻挫した」など、子どもにケガはつきものです。
長崎医療共済の『こども共済あんしんキッズ!!』
保障内容を見てみませんか?
病気・ケガでのご入院はもちろん、ケガの場合には通院保障もあります。
安価な掛金でしっかりとした保障の長崎医療共済をぜひご検討下さい。

こども共済 お支払い例

通院

ドッジボール中に足首を捻挫。
ギブス固定し、6回通院。
傷害通院日額2,000円×6日間で
合計 12,000円 のお支払い。

入院

RSウイルスによる気管支肺炎で1週間の入院。
入院日額8,000円×7日間で
合計 56,000円 のお支払い。

※満15歳からの生命医療共済には通院保障はございません。こども共済のみになります。

入院日数は昔と比べると短縮傾向にありますが、長崎医療共済なら1泊2日の入院1日目から保障!
もしもの時の備えに、ご加入を検討されてみませんか?

みなきゃ損 ご連絡先と詳細

見なきゃ損5月号 PDF