見なきゃ損!7月号

手洗い夏に流行しやすいウイルス性感染症予防観光やレジャーなど、楽しいイベント盛りだくさんの夏。
でも、食生活や睡眠時間などの生活習慣が乱れがちになったり、暑さのために食欲が落ちたりと体調を崩しやすい季節でもあります。

「手足口病」2年ぶりに流行の兆し!

「手足口病」は手や足、口の中に水疱ができるウイルス性の感染症で、幼い子供を中心に感染が広がります。
国立感染症研究所によると、全国の医療機関から報告された患者の数が去年の同じ時期のおよそ6倍の患者数となっていて、これから夏場にかけてピークを迎えるため、厚生労働省は手洗いの徹底などを呼びかけています。

夏に流行しやすいウイルス性感染症 「三大夏風邪」

手足口病

上記のとおり、手足や口の中に水疱ができ、乳幼児を中心に流行します。
まれに髄膜炎など重症化することもあります。

プール熱

アデノウイルスが原因の病気で、感染力が非常に強い感染症です。
38℃~39℃の高熱が3~5日続き、強い喉の痛み、結膜炎を伴います。
7型ウイルスの感染では、重症な肺炎を起こすこともあります。

ヘルパンギーナ

手足口病によく似た症状があらわれ、夏季に小児の間で流行します。
38℃以上の高熱、口内の水疱、喉の痛みが特徴です。
まれに無菌性髄膜炎、脳炎、急性心筋炎などを合併することがあります。

いずれも特効薬や予防薬は無く、症状に応じた治療を行います。
子供の間で流行しますが、免疫力が落ちていると大人でも感染することがあります。

長崎医療共済のこども共済「あんしんキッズ!!」

病気・ケガでの入院・手術に加え、ケガの場合は通院も保障。
月掛金1000円で充実した保障内容です。

<お支払例>

・気管支肺炎で9日間の入院。
入院日額8000円×9日分で72,000円のお支払い。

・部活中に足首を捻挫し、5日間の通院。
通院日額2000円×5日分で10,000円のお支払い。

満15歳からの「生命医療共済」もぜひご検討下さい。

長崎医療共済は、手頃な掛金で三大疾病のご入院にも対応!ぜひ一度パンフレットをご覧ください。

みなきゃ損 ご連絡先と詳細

見なきゃ損7月号 PDF