見なきゃ損!2018年11月号

ノロウイルスについて

風邪を引いたり体調を崩されたりしていませんか?

今回は、これからの季節に増えてくる病気の中の一つ、ノロウイスル について紹介します。

流行期間

1年を通して発生しますが、11月頃から増加し始め、12月~翌年1月が発生のピークになる傾向にあります。

主な症状

吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、発熱(軽度)
・発症するまでの潜伏期間は、24~48時間。
 通常、これらの症状が1~2日続いた後、治癒します。
 後遺症もありません。

・また、感染しても発症しなかったり、軽い風邪のような症状の場合もあります。

注意点

POINT①
ワクチンや抗ウイルス剤はありません。
POINT②
下痢止め薬は、回復を遅らせることがあるので、使用しないことが望ましい。

3.予防・対策

1.『石鹸と流水でキレイに手を洗いましょう』
■ トイレの後や調理・食事の前に
■ 感染した人の便や嘔吐物を処理した際

手首、親指、指先、爪などもしっかりと! 使い捨て手袋、マスク、エプロンなどを着用しましょう

 

2.『十分に加熱しましょう』
■ 加熱して食べる食材は、中心部まで

特にカキなどの二枚貝は要注意!!

3.『しっかりと消毒しましょう』

トイレ(便座、フタ、水洗レバー)調理器具(まな板、包丁など)

【 生命共済お支払例 】

【 こども共済お支払い事例 】 ~ノロウイルス性腸炎 /2日間入院 /2歳 /男の子 ~
【病気入院共済金】日額8,000円×2日間=16,000円
体力の弱い乳幼児・高齢者は、脱水症状を起こしやすくなります。
水分と栄養補給を十分に行ない、症状が悪化しないように早めに医療機関を受診しましょう。
また、医療保障を掛けておくことも安心に繋がります。
この機会に是非、長崎医療共済を検討してみませんか?

みなきゃ損 ご連絡先と詳細

見なきゃ損2018年11月号 PDF